So-net無料ブログ作成
検索選択

列車の乗り方 [ヨーロッパ旅行記]

ローマのテルミニ駅に到着。まずは、フィレンチェ行の列車を探すべく、切符売り場へ。
いろんな国の旅行者でごった返している。列にならんで30分ほど・・・あまりの進まなさに嫌気がさして並ぶのをヤメタ・・・(窓口10こぐらいあるのに空いてるのが3つだけってなめてるの?)

そんでもって、持ってる切符がユーレイルフレキシティーパス(乗り放題回数券みたいな)だから、切符買わんでも、フィレンチェ行の列車に乗れば行けるんじゃん?みたいな感じで列車を探すことに・・・

ホームが20個以上あって、どの列車に乗ればいいのか全然わからない。近くの警察官に地図みせて、
フィレンチェ行きたい、どの列車に乗ればいい?と聞いたら、完全シカト&あっちへ行けみたいな高圧的な態度。もう嫌だ・・日本帰りたい。もともとこみゅ障が外人にコミュニケーション取れってのがそもそも無理。

ベンチでタバコをふかしながら、考える。今なら日本帰れるよな・・・このまま、ローマの空港からエスケープ。
そんで、一月ヨーロッパ行った体で京都かどっかで時間つぶして・・・そうだよ、もともと無理なんっすよ。みたいな超ネガティブモード。

1時間ぐらい時が過ぎたでしょうか。ぼーっと駅周辺を眺めていた。眺めていて気がついたが、これがこっちの人の「日常」であり、俺はその「日常」を受け入れようとしていない。日本だったらとか、アホカ!ここは日本じゃない。まして、自分で行動しないとストーリー進まないリアルドラゴンクエスト。帰るのは最終手段で、まだまだ全然やる事がある!よし、まずは、列車をみつける。何か規則性があるはずだ!ローマにいる観光客は大体次もどこかの観光地へ行くはずだ、旅行者多く並んでいるホームをまず探そう。

変にやる気がでてきた。そうだ、フィレンチェまで約300KM、日本の新幹線みたいな列車のはずだ!となると
15番と16番に絞れてきた・・・よし、勇気をだして外人に聞いてみよう!

俺 「この列車はフィレンチェに行きますか?」

外人のお姉さん 「おぉ、ちょっとまって・・・フィレンチェイキマスヨ!、この列車で大丈夫!」
          「あなたどこから来たの?チャイニーズ?」

俺 「フロムジャパニーズ!」

外人のお姉さん 「なんちゃらかんちゃら、キョウト、オオサカ、スシ、テンプラ・・・」

なんか知らんけど、会話が続いて、最後はハグして、お互い気を付けて!みたいな感じになった。

何とか列車に乗り、席に座っていると、そこは俺の席だ!どけろみたいな感じになってたけど、なんかコミュニケーションが取れたことがうれしくてれしくて、気分は一人前バックパッカー!おおそーりーなんていってこの席あいてますか?と別の席へ。

なんとなくわかった事。それは、日本も外国も同じで、ただ言語が違うだけで、だいたい同じ。

冒険心に火が灯った。

次回 「フィレンチェのデゥオーモ」




nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 3

312

フィレンツェ行ってみた〜い

う〜いいな〜
by 312 (2012-10-24 21:19) 

Mr.ミスター

今年、山で外国人に会って会話したの 5人。

2人の外国人は羊蹄山の登山口で
1人は羊蹄山の山頂で
残りの2人は旭岳で、

緊張するし、ドキドキするけど
かたことの英語でも、伝わると嬉しかった。

本当に勇気って大切。


by Mr.ミスター (2012-10-25 23:04) 

まつお

疎通できた瞬間にお互いニコリとするのがいいですよね!


by まつお (2012-10-27 01:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました