So-net無料ブログ作成

中塚さんへ [仕事]

言葉ではうまく伝えられないので、手紙を書きます。

早いもので、5月で8年目に入ります。初めてこの会社に来たとき、自分の両親よりも年上のの従業員の皆さんの前であいさつをした時、緊張して何を話したのか覚えていません。これからどうなるか不安で、何度も何度も後悔し、夜なくこともありました。そのような時に、中塚さんが夜勤をしていて、前向きな言葉をかけてくれましたね。観光の資料を見せながら、「私が北海道のどこでも走ります、だから一杯仕事をとってきてください」と言ってくれた時の事、今でも忘れません。

従業員の皆さんが、社長、社長と呼ぶけれど、25歳の何の社会経験もない私を、いつも中塚さんが支えてくれていました。

本当にいろいろな事がありました。空港の1便を運転していた中塚さん。行事バスで遠くまで率先して走ってくれました。まりむ号の運転、真冬にエンジンがかからなくて、二人でヒーターで温めたり。函館までの仕事の後、流石に疲れました・・・とこぼした中塚さん。いつも中塚さん、中塚さんと無理を言っていたのに、嫌な顔をせず、私を支えてくれていました。

右も左もタクシーの事をわからない私に、一つ一つ教えてくれました。本当に最後なのですね。中塚さんが小宮山前社長時代からの最後の社員さんです。これから先は、部長や皆さんと力を合わせてやってまいります。

中塚さん、本当にありがとうございました。もう、同じ時間を過ごせないと思うと、寂しいです。もっといろんな話をしていたかった。たまには遊びに来て下さい。奥様がつくるお菓子がとても美味しかったです。お体に気をつけて、本当にありがとうございました。 平成25年3月25日


ブログに書くことではないけど、自分にも残したくて、書きました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0